「本当のキャリアとは?」|自分自身の生き方を磨いていく

「キャリア」って何だろう、とよく考えます。

「キャリア」という言葉は世間で頻繁に使われる言葉ですが、そもそもキャリアの定義とは何でしょうか。
お役所では、「狭義には国家公務員1種試験を合格し中央省庁に採用された者。幹部候補生。国家公務員2種及び3種試験合格者(いわゆるノンキャリ)とは出世速度がまるで違う。」という意味で使われていることがあります。もちろん間違いではありません。

しかし、すべての人が国家公務員ではないし、すべてのひとに昇任試験があるわけでもありません。
厚生労働省が提唱しているキャリアの概念の中には、『時間的持続性ないしは継続性を持った概念』として定義されています。

本来キャリアとは、就職・出世・現在の仕事等の点や結果を指す言葉ではなく、働くことに関わる「継続的なプロセス(過程)」と、働くことにまつわる「生き方」そのものを指しているとのこと。
(マンパワーグループサイトより)

つまり、キャリアを積むということは、この仕事の経験を積むという事だけではなく、その仕事に取り組むプロセスの中で、身につけていく技術・知識・経験に加えて、人間性を磨いていくこと、そしてプライベートも含めた自分自身の生き方を磨いていく事なのです。

「20代からはじめるキャリア3.0~誰でもできる生涯現役の働き方~」

この本を購入してみようと思ったきっかけは、Amazonのカスタマレビュー。
ハンドルネーム「Amazon Customer」さんがとても簡潔にまとめてくれています。

 

この本は、タイトルから20代の若い人を対象に書かれているように思えますが
40代以降の人をはじめ生涯に亘って生きるアドバイスを与えてくれる本です。

この本は、「キャリア」を切口にしていますが混迷する日本の社会を生き抜く
ための「ライフデザイン」を教えてくれます。

私がこの本で特に参考になった内容は以下の2点です。

1「自分史の棚おろし」で成功体験を振り返る
2 他人との「差」ではなく「違い」で勝負する

1は過去の自分の成功体験を振り返ることで「自分の自信」を取り戻す方法を
アドバイスしているところが非常に参考になりました。
※振り返りは、どうしても「自分の失敗」を責めるということに終始していた
ので、非常に新鮮な内容でした。

2は他者との差で自分が劣るため、それを「短所」と捉える人が多いことを教
えてくれます。
※私も「短所」と考えていました。
しかし、そうではなく「他者との違い」を「自分らしさ」を使ってアピール
していくことが大事であることを知りました。
※上には上がいくらでもいるので、その部分はその人たちに任せて自分らしい
違いを見出して行くことが大切である事を説いています。

最後に、昨今盛んに実施される「リストラ」対策にこの本をお勧めします。

 

キャリアデザインを自分の力でいかに構築できるか

今、目の前の現実を生きていくだけで精一杯、という人も多いでしょう。でも、少し先の自分のライフプランを考えるだけで、何からはじめれば良いのか、ちょっとしたヒントが得られるのではないでしょうか。

株式会社コミュニティネットは、

「ずっと働き続けるためにITスキルをフル活用する」

という使命があります。
もっとスキルを身につけることによって、結婚・出産・子育てを経験しながらも、キャリアを積んでいけると思っています。
しかし、スキルだけ身につけても、自分の人生の「キャリア」は得られないでしょう。
答えはきっと一人一人違うのかもしれませんね。
株式会社コミュニティネットは、スキルの提供だけではなく、女性がどうしたら自分の理想とした「キャリア」を得られるのか、仕組みづくりを考え、実践していきたいと思います。

「20代からはじめるキャリア3.0」、には、そんなヒントがありました。
ご興味のある方は是非お読みください。

 

著者について
野津卓也 のづ・たくや キャリアカウンセラー、Career Identity研究所代表。京都外国語大学フランス語学科卒業 後、住商機電貿易株式会社に勤務する。会社に頼らず自律して仕事をするためには「自分らしさ=PI(パーソナル・アイデンティティ)の確立」が不可欠であると考え、「PIサポート研究会」を主催、多くのビジネスパーソンから支持を得る。その後、経営戦略研究所、Gray Institute of Managementに移り、国内外クライアントの経営者や管理職に対して年間100回以上の教育研修を実施した。現在はフリーの経営コンサルタント、キャリアカウンセラーとして、独自の「PIとライフキャリア構築を複合させた理論」をもとに、就労・転職支援活動を行なっている。著書には『PIを理解すれば時代の面白さが見えてくる』(PHP研究所)、『PIが企業を変える』(TBSブリタニカ)、『キャリアノートで会社を辞めても一生困らない人になる』(東洋経済新報社)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
野津/卓也
キャリアカウンセラー、Career Identity研究所代表。京都外国語大学フランス語学科卒業後、住商機電貿易株式会社に勤務する。会社に頼らず自律して仕事をするためには「自分らしさ=PI(パーソナル・アイデンティティ)の確立」が不可欠であると考え、「PIサポート研究会」を主宰、多くのビジネスパーソンから支持を得る。その後、経営戦略研究所Gray Institute of Managementに入所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)