IT/WEBは女性でも輝ける業界?

ITやWEB業界は現段階として女性では輝きにくい業界です。トップページで紹介した資料に寄ると、全体の7割の企業で従業員に占める女性のIT人材の雇用割合が2割前後しかいません。つまり、ITやWEBは職場のほとんどが男性である業界だと言えます。。

女性が少ない原因に、1つにエンジニア職が理系の素養を必要とすることがあります。大学の学部に行くと、電気や物理、工学に関連する学部では、女性の割合が少なくなっています。エンジニアにはこの理系の素養が必要になるため、自然とITやWEB業界も理系の素養のある男性で占められてしまうと言えます。

よって、女性の情報系学部や情報工学部など理系の大学生が増えることによって、女性のitやwebエンジニア人材は増えていくかもしれません。しかし、これは女性が選んだ道としての職業として用意されるべきで、外部が力を働かせることで女性の数を増やしても上手くはいかないでしょう。女性がitや情報系に興味を持ち、それに従って増えていくことが理想だと言えます。

またITやWEBはスマートな印象がありますが、職場によっては労働時間が普通であったり、こういった職場が多いことも女性が少なく理由になっているかもしれません。こちらは男女関係なくitやweb業界が解決していくべき課題です。