IT/WEBの難しさ

ITやWEBというと現代社会では一般的になったことから、簡単なイメージがあるかもしれませんが、ITやWEBのエンジニアやプログラマの業務内容は難しいと言えます。

ITやWEBではまず顧客の要望を伺い、その内容を元に必要な仕様をまとめて要件定義書を完成させます。そこから設計をおこなっていきます。その後、各プログラムの仕様書を作り、プログラムを始めていきます。ここまではどの仕事でもあるような作業ですから、想像がしやすいと思います。

その後にプログラマがプログラミングを行ないますが、これが難しい作業です。プログラミングは1字1句間違えてはいけないもので、これを間違えてしまうとエラーが発生してプログラムが動きません。とても緻密で正確性が必要とされる作業です。

そして、プログラムが動くことが確認されると、今度は正しい内容が導かれているかどうかを確認します。これもまた骨が折れる作業で正しい値が帰ってこないことがあります。

そうすると、その原因をプログラムコードから探して、修正をしていきます。ここで正しい値が導きだされれば良いのですが、これでも不十分です。この後に、間違った数値や文字が処理された時にも正常な通知がされるかどうかなども確認していきます。

ここで一通り終わると、今度は関連するプログラムで動かしていきます。そして、エラーが起きないかどうかを見ていきます。

このようにITやWEBの技術者は大変正確性を求められる仕事です。この正確性を業務の中では、顧客が提示する期限以内に行ない、さらに予算も限られた中で行なうという大きな課題があります。そのためitやwebの技術者は大きな労働を強いられているともいえます。